2018年4月16日月曜日

2018 NBAプレーオフ出場チームと注目の選手




遂に始まりました2018 NBAプレーオフ。

レギュラーシーズンは、予想を裏切る展開の連続でしたね。

特にウエスタンカンファレンスは毎年プレーオフ争いは激しいですが、今季は4位以下が最後の最後まで混戦でどこが脱落してもおかしくない展開でした。

ってことで今回はプレーオフ1回戦の対戦と各チームの注目プレイヤーをStaff鈴木が独断でピックアップしました。玄人の方は「わかってないな〜!」なんてご指摘しながら、素人の方は参考程度に是非、ご覧下さい。




【イースタンカンファレンス】
1位.トロント ラプターズ

ラウリー&デローザンのデュオで近年はプレーオフの常連チームになったラプターズは今季からよりチームプレーを重視したチームに生まれ変わりレギュラーシーズンを見事カンファレンス一位で終えました。卓越したディフェンス理論を持つドウェイン・ケイシーヘッドコーチの元、やはりディフェンス重視の戦い方になりそうですね。チームのディフェンスの要、サージ イバカに注目です。

サンダー時代の経験を生かし、チームの意識向上にも一役買ったとか



そんなラプターズに対するは...



8位.ワシントン ウィザーズ

一方、ウィザーズはジョン ウォールがプレーオフに間に合い、更には復帰後はアシストを量産しプレーオフの活躍もおおいに期待できますね。選手層が薄いチームだけに出場時間もかなり多めになる為、スタミナ面の不安もあります。そこで注目プレイヤーはウォールとデュオを組む、ブラッドリー ビール。今季はオールスターも初選出されてスタープレイヤーの仲間入りをした彼がチームを引っ張る役割を担えればチームに勢いがつきそうです。

もうウォールのチームじゃない!ってところを魅せて欲しいですね



2位.ボストン セルティックス

レギュラーシーズン前半戦の勢いの中心にいた自他ともに認めるチームのエース、カイリー アービングがシーズン終盤から膝の手術の為欠場。プレーオフの欠場も決まりましたがブラッド スティーブンスヘッドコーチの哲学が浸透したチームは大きく崩れること無く戦い抜きました。中でもカイリー不在で躍動したルーキー、ジェイソン テイタムに注目。このプレーオフで彼がどこまでエースとして成長するかが楽しみですね。

来季はカイリー、ヘイワードも居るとなると恐ろしいチームになりそう...




そんなセルティックスと対戦するのは...




7位.ミルウォーキー バックス

カイリー不在のセルティックスにリーグの代表的なプレイヤーにまで成長したアデトクンポ率いるバックス。アップセットの確立がぐん、と上がったことは間違いないですね。そんなヤニス アデトクンポに注目。ブレッドソー、ミドルトン等と攻撃的なオフェンスもさながら、デラベドバ、テリーのいやらしいベテランがいるのも強みで彼等のプレーオフならではの活躍も期待できますね。

驚異の、脅威のこのジャンプ力




3位.フィラデルフィア 76ers

数年で強豪チームになるだろうという予想を遥かに上回りシーズン終盤を怒濤の16連勝、アイバーソン時代の2000-01シーズン以来のレギュラーシーズン50勝を達成した76ers。そのシーズンはNBAファイナルまで進出したというので今季もこの勢いのまま行きたい、というより本当に行きそうな雰囲気もあります。エンビードは不在のものの復帰したドラ1、フルツにサリッチ、そして新人王候補のシモンズの勢いのある若い選手にレディック、ベリネリ、イリヤソバのベテランがしっかり脇を固めてイースタンで最もバランスの取れたチームかも知れません。注目は彼がいつ復帰するか!ジョエル エンビード

Coming soon... って感じでしょうか



そんなシクサーズの初戦の相手は...



6位.マイアミ ヒート

主力のディオン ウェイターズ不在で後半戦は思うように勝ち星をあげられなかったヒート。しかし経験豊富なウェイドがしっかりとプレーオフの戦い方を伝授してるに違いない。絶対的なスコアラー不在の中、ゲームをコントロールするドラギッチはもちろん、センターのハッサン ホワイトサイドに安定した活躍を期待したいと思います。頭角を現した頃の得点、リバウンド、ブロックでのトリプルダブル等、エンビードが居ないうちにインサイドを支配したいところ。

最近影薄いよ!ここは存在感を魅せつけたいところですね




4位.クリーブランド キャバリアーズ

なんだかんだでプレーオフに標準を合わせているんでしょう、と楽観視しつつも例年より不安要素の多いレブロン率いるキャバリアーズ。やはりカイリーの離脱の穴は大きく、プレーオフでのレブロンの負担は例年よりも多そうです。とは言えシーズン途中の大型トレードで若返ったロスターはよりレブロンがコントロールしやすくなっていそうなので選手達がいかにレブロンの期待に応えられるかが鍵になりそうですね。ってことでキャバリアーズは7年連続NBAファイナルに進出しているレブロン ジェームズに注目。

個人的にはベストシーズンでしたが。選手の入れ替えの激しいシーズンでしたね。。。




そんなレブロン キャブスに対するは...




5位.インディアナ ペイサーズ

レギュラーシーズンでキャバリアーズに3勝1敗と勝ち越したペイサーズですがその数字通りに全くいかないのがプレーオフ。新生ペイサーズのチームを引っ張ったオラディポは昨季サンダーで迎えたプレーオフでは機能せず苦しんだため、彼自身も奮起したいところ。注目はヒート時代のレブロンにカンファレンスファイナルの試合中、耳に息を吹きかける等挑発行為が未だにウェブ等でよく目にするランス スティーブンソン。久々に大舞台でのレブロンとの対峙に今季はどんなことを仕掛けてくるのか、注目です。

再現とかやりそうですねw





【ウエスタンカンファレンス】
1位.ヒューストン ロケッツ 

個人的にNBAファイナル優勝に最も近いチームだと思うのがロケッツです。
絶対的な司令塔のクリス ポール、昨季ポイントガードを努めプレーの幅がより広がったエースのハーデン、成長著しいセンターのカペラも彼等二人からの絶妙なアシストで数字を伸ばし、脇を固めるゴードン、タッカー、アリーザ、アンダーソン等ベテランシューターが怒濤のように決めるスリーポイント。シーズン終盤にはジョー ジョンソンも加え磐石の体制です。注目はクリス ポール。クリッパーズでは優勝候補に挙げられながらもいってカンファレンスセミファイナル。"持ってない男"の異名返上にこれ以上のシーズンは無いでしょう。

今季がラストチャンスのつもりでリング狙っていきましょう



8位.ミネソタ ティンバーウルブス

生まれ変わったウルブスもフタを開けてみればレギュラーシーズン最終戦までプレーオフ進出が危ぶまれた。2003-04シーズン以来のプレーオフでチーム主力のウィギンス、タウンズは初の舞台、エース・バトラーは怪我からの復帰間もなくで万全ではないですがここはクロフォード、ギブソンといったベテランが心強い。そして注目するのはデリック ローズ。久々の大舞台で鬱憤を晴らしレギュラーシーズンMVPの頃の輝きを魅せて欲しいですね。

懸命なプレー姿はなんだか泣きそうになります




2位.ゴールデンステイト ウォリアーズ

キャブス同様、プレーオフに標準を合わせてきてるでしょう、と思っていますがさすがに怪我人が多いこと、ロケッツが予想以上に強いことでもう絶対的な強さ、とは言えないのが現状かも知れません。まさかの一回戦で対戦するスパーズ戦はカリー抜きで戦い抜かないとならないのは正直しっかり勝ちきれるか、全くの未知ですね。しかしここのチームの核はカリーでもKDでも無くドレイモンド グリーン。ラフプレーも含めて相手を翻弄し仲間を鼓舞するリーダーがしっかり役目を全うすればカリー抜きでもスーパーチームはスーパーチームとして機能するでしょう。

テクニカルファウルだけは気をつけましょう


7位.サンアントニオ スパーズ

エース・レナード不在、そしてパーカーが控えに回る等本格的な世代交代の真っただ中のスパーズは世代交代中でも順位以上に強さを感じるチームでしたね。レナードが居ないことでオルドリッジを中心にしたチーム作りでミルズやアンダーソン、マレー等新しいスタメン選手も段々フィットしてきています。そしてベンチからパーカー、ジノビリ、ガソル辺り出てくるのが相手からしたらたまらずに嫌ですね。これスタメンじゃないっすか!みたいな。層の厚さとシステム化された攻撃、固いディフェンスでひょっとしたらウォリアーズ撃破も充分あり得るかもしれません。シリーズを支配し出すと面白くなりそうな、トニー パーカーに注目です。

まだチームの中心であることは間違いないですね




3位.ポートランド トレイルブレイザーズ 

混戦のウエスタンカンファレンスで上位2チームの後ろに着けたのがブレイザーズ。リラード&マッカラムの攻撃力は必要不可欠。そしてペリカンズのエース、アンソニー デイビスをどう抑えるか、と言うところで注目はデイビスとマッチアップするであろうユスフ ヌルキッチ。昨季はプレーオフ前にチームに加入し大きな戦力となった彼が今度はプレーオフ初戦突破のキーマンになると思います。

ビッグ3!と呼ばれるまであと少し!



対するは...



6位.ニューオリンズ ペリカンズ

デマーカス カズンズがシーズンアウトとなり、プレーオフ進出も危ぶまれましたが大きな穴を埋めたのがブルズから獲得したニコラ ミロティッチでしょう。外からも打てる万能な選手でブルズではヘッドコーチや選手とも色々と問題を抱えていたためプレーに集中できてる環境で生き生きとプレーしているように見えます。注目はエース・アンソニー デイビスも絶対の信頼を置くポイントガード、レイジョン ロンド。彼もミロティッチ同様、昨季はブルズで出場機会を失うケースが多くプレーオフで本来の力を魅せつけたものの怪我で離脱し、後に放出されました。主にコート上以外の問題でチームを点々としてきたロンドが今季は本来の姿を取り戻しており、プレーオフでは更にギアを上げてくること間違いないでしょう。

ようやく居場所を見つけたロンド。来季以降もペリカンズで観たいところ




4位.オクラホマシティ サンダー

レギュラーシーズン開幕前の期待とは打って変わって苦しいシーズンを送ったOKC。ケミストリーの構築に時間がかかり、ようやく形になってきたところでディフェンスの要、アンドレ ロバーソンを怪我で失い、結局プレーオフ進出争いをギリギリ勝ち上がりました。注目は2012-13シーズン以来のプレーオフ出場となるカーメロ アンソニー。ウエストブルック、ポール ジョージとスコアラーも多いスターティングメンバーからベンチスタートを自ら志願、みたいなアクションがあればチームとしての結束力も高まりそうな気がします。

最近は勝負所でフリースロー二本外しとかもあって... コーチ ドノバンの決断はいかに


そんなOKCの相手は...



5位.ユタ ジャズ

個人的には今季の新人王は彼、と思うのはジャズのルーキードノバン ミッチェル。既にチームの中心選手で新人らしからぬプレー振りでチームをプレーオフに導いたと言っても過言ではありません。センター、ルディ ゴベールも復帰しサンダーの個人技をいかに抑えられるか、そしてオフェンス面もリッキー ルビオを中心にセットプレー、イングルス等のスリーポイントで流れを掴みたい。

来季オールスター選出もありそうですね




プレーオフは独特の雰囲気で毎試合がドラマです。

是非、あの熱気を味わってみて下さい。

NBA 2018 プレーオフモデルのNEW ERAも販売開始しております。

キャップ以外をお求めの方もお気軽にお問い合わせ下さい。



2018年4月10日火曜日

初夏の到来に向けて準備しておきたいメッシュキャップ オススメ10選



Staff鈴木です。

桜が咲いた!春が来た!って浮かれていたらあっという間に東京は桜が散り、数週間でゴールデンウィークに突入ですね。

自分は子供の少年野球のコーチ業で連休を過ごすことになりそうです。。。(T_T)

もう既に25度近い夏日も記録しましたがゴールデンウィーク頃は天気がいいと半袖で過ごせちゃって湿気も無くて一番過ごしやすい!って時期ですよね。スーパー花粉症の私も花粉も無くなりようやく快適に過ごせるようになりますw

ってことで今回はそんな日にサラッと被りたいメッシュキャップをご紹介。

レジャーに旅行etc... 楽しい思い出の写真に是非、被って頂きたいアイテム10選になります。


NEW ERA春夏で毎年人気の高いパイル地アイテム
今季は星条旗柄のベアをセットしたカリフォルニア リパブリックモデル


やっぱり夏は原色で。メッシュキャップは比較的お手頃な価格なのでリゾート用に派手目のいっちゃうのもアリですね。パイル地はビーチやプールサイドでオススメ。

商品ページはこちら




NEW ERA春夏、今季の注目はインテリアやフードも人気のメキシカン。「死者の日」彩るスカル&ローズデザイン



今季のニューエラ春夏で注目はメキシカンモチーフのシリーズ。メキシコの伝統民族生地であるサラペやスカル&ローズがデザインされたアイテムがリリースされました。バーベキューでメキシカンラグ敷いて、コロナ片手にタコスをほおばる。そんなシーンにチョイスしたい逸品。

商品ページはこちら




当店でジワジワきてるNEW ERA×ナスカーのドライバーモデル。クラウンがオールメッシュなm&m'sロゴはインスタ映え間違い無し



あれ?!!こんなコラボあったっけ!?という程お馴染みのロゴがセットされたニューエラの数々。多くのお問い合わせを頂いておりますNEW ERA×ナスカーのドライバーモデル。中でもクラウンが丸々メッシュになったカイル ブッシュモデルをチョイス。彼のスポンサーであるm&m'sロゴがフロントにセットされている。集合写真でも目立ちそう!

商品ページはこちら




ヤシの木やヨットといった夏を象徴するアイコンをモチーフにデザインされたオリジナルのアロハ柄もブラックボディで都会的なイメージに



アロハ柄もブラック×ホワイトだとクールな都会的なイメージに。通気性が良く軽量なコットンのブロード生地が心地よい仕上がりです。暖かくなってきたのでカフェのテラスでゆっくりとブランチ。本でも読みながらコーヒーを飲む。何の予定も入れずにそんな風に過ごすシチュエーションに是非。

商品ページはこちら>>>



35歳以上の男性にオススメのスタンダードなデザイン。程よいユーズド感がオトナの渋みと絶妙にマッチ



モーターサイクル、サーフィン、スケートボード、といったカルチャーをクロスオーバーさせライフスタイルを提案しているデウス エクス マキナ。30代以上にも人気が高くオシャレなおじさまも愛用されています。デニムのセットアップ、中には白Tee、そんなスタンダードなファッションにこちらを合わせて海にドライブに行こう!

商品ページはこちら>>>




なまった体を思いっきり動かす休日。モンスターエナジー・NASCARカップ シリーズのニューエラでエナジー全開に



夏に向けて身体を鍛え始めた方も多いのでは?ジム通い、ジョギング、フットサル etc... スポーツするにも丁度いいこの時期、どうせならウエアもカッコいいのを揃えて更に気持ちを高めたいですね。キャップはこちらを被ればもうあなたはエナジー全開だ。





いよいよバーベキューシーズン!ダメージ加工の迷彩柄で自然にカモフラージュ



ゴールデンウィーク、インスタ等でよく見る過ごし方第1位、と言ってもいい程こぞってするのがバーベキュー。自然に囲まれて、更に自分も迷彩柄で自然に溶け込んじゃおう。程用ダメージ感が◎




ユニークなパロディものなら7UNION。思わず目を惹く強烈なインパクト



パロディ好きにはたまらない某スポーツメーカーサンプリングの逸品。ネイビーボディにレッドのロゴが目に止まりやすく、つい二度見してしまう程の強烈なインパクト。話題の種にもなりますね。




ご近所スタイルでラフに被れる敢えてチープなデザインが日常にマッチ



夏のテンションにフィットするよう敢えてチープにデザインされた68&BROTHERS NEW YORKのメッシュキャップ。少し大きめのOTTO製のボディなのでゆったりと被れます。起きてコンビニ行きがてらプラッとお散歩、なんて時にスウェットパンツに合わせてラフに被るのも◎




消滅を惜しむファンがこぞって購入する今最も注目を浴びているお馴染みのロゴ



今季を最後に先住民族の長、「ワフー酋長」のロゴをユニフォームのロゴに使わない方針で球団とMLBが合意したことでロゴの消滅を惜しむオールドファンの方を中心に人気を集めているインディアンスモデル。こちらのモデルもいつ購入できなくなるかわかりません。



と、今回は10点に絞ってお届け致しましたが、メッシュキャップまだまだ紹介したいモデルございます。そしてこれからも入荷致します。是非、チェックしてみて自分好みのメッシュキャップを探してみて下さい^^







2018年4月2日月曜日

"Tシャツ特集"


だいぶ過ごしやすい季節になってきました。
日中は暖かくTシャツ1枚でも快適に過ごせる日も結構多いです!!
今回は、当店で取り扱っているTシャツをご紹介します。

まずはMLB編から
1.MAJESTIC LOS ANGELES ANGELS OF ANAHEIM
大谷翔平モデル


先日早々に、メジャー初ヒット・初勝利をしたマジェスティック製の
大谷選手モデルのTシャツとなります。
当店でも人気が高い大谷翔平関係の商品になります。


メンズサイズだけでなくキッズサイズもご用意してあります!!


キッズサイズの商品は、数量に限りはありますが、
即日で発送できるサイズもありますので是非この機会に親子で合わせてみて下さい!!


2. MAJESTIC LOS ANGELES DODGERS
前田健太モデル


マエケンモデルのTシャツもあります!!
ドジャースなら古着ぽく着こなすのもいいですと思います。
今季は前田健太投手が調子が良さそうなので、活躍にも期待していですね!!


もちろん、メンズサイズだけでなくキッズサイズもご用意してあります!!



3.MAJESTIC NEW YORK YANKEES
田中将大モデル


マーくんモデルのTシャツになります。
普段使いとしても全然いける感じになってます!!


続いてはNBA編です!!

1.NIKE HOUSTON ROCKETS
ジェームス ハーデンモデル 


"Nike NBA City Edition Uniform"シリーズのTシャツになります。
火箭があることで、かなり今ぽく仕上がっております!!


2.NIKE GOLDEN STATE WARRIORS
ケビン デュラントモデル


フロントのドラゴンのようなプリントがいいです。
ベイエリアの中国文化への敬意を表したデザインみたいです。


サッカー編

1.LA GALAXY ADIDAS
ズラタン イブラヒモビッチモデル


移籍も話題になりましたが、
デビュー戦は、途中出場ながら2ゴールを決めたズラタン!!
そんなズラタンモデルのTシャツまであります!!


いかがだったでしょうか。
これから新商品も続々入荷予定ですので
お楽しみに!!

2018年3月26日月曜日

リニューアルしたスマホサイト、キャンペーンをご紹介 !!


こんにちはStaff 北原です。

週末頃から東京では桜が満開になりました !!
至る所で桜を見かけますがやはりこの季節はいいですね。
(若干花粉症ですが)

若い方は卒業式が終わり、
今まさに新学期や新生活の準備で忙しい方も多いと思います。
10年以上前に進学で東京に来た自分を思い出しますw

様々な節目を迎えるこの季節ですが
当店でも小さな変化がありましたのでご紹介ですw



当店スマホサイトが少しリニューアルしました !!

自分達は見慣れているけど、
初見のお客様からしたら莫大な品数のせいか
見慣れないと中々見づらくなりがちなんです...

↓これはトップぺーじなんですが



今回は左上にハンバーガーメニューが追加されました
↓ "三"ってなってる部分です



クリックするとこんな感じです。
新着商品や、オリジナルカスタム、NEW ERAなど
当店の人気カテゴリーが上位部分にきます。



更に新着商品などをクリックすると今まで
ひたすら商品画像&タイトルが1列表示だったんですが、
3列表示で画像がメインになりました。


小さな変化ですが少しでも見やすくなったかと思います。

是非、スマホで当店サイトをご覧になる場合は
スマホサイトをご覧頂ければと思います。




もう一点は毎週行っているキャンペーンのご紹介です。
メルマガ会員様限定で毎週500ポイントをプレゼントしています。
↓こんな感じです。


このキャンペーン当分は続ける予定ですw今で4週目くらいです。
会員様ですと欲しい商品があった際などに
いつでも割引き購入が出来るのでお得です。

その他にもメルマガ会員様限定のキャンペーンを
定期的に行っていますので是非ご登録頂ければと思います。


2018年3月19日月曜日

春の準備!とりあえず無地で安いアースカラーアイテム





花粉症のせいで春の到来が若干憂鬱なStaff鈴木です。

でも春の年度末から新年度への替わり、新生活が始まる学生や新社会人を見ると初々しく晴れやかな気持ちになります。

そして厚手のダウンやコートからの衣替えも気分が変わってリフレッシュしますよね。

今回は衣替えシーズン到来ということで「とりあえず無地で安いやつ特集」

バランスは考えず私の好きな感じでチョイスしたら基本アースカラーなものが多かったのでそんなくくりにしてみました。

暖かくなってくるとキャンプや海水浴など自然と戯れたくなりますが、そんな自然にカモフラージュしそうなアイテムばかりです。

ご覧あれ~!



【スナップバック】

ユーポン フレックスフィット
【PREMIUM CLASSIC BLANK SNAPBACK】

ブランドのカスタムキャップのボディとしてもよく使用されるユーポン/フレックスフィットのスナップバックはとにかく形が◎ 

アンダーバイザー(つばの裏側)が昔の野球帽をほうふつとさせるグリーンになっており、クラシカルなデザインが好きな方や古着などヴィンテージファッションを好む方にも人気です。

Staff鈴木の2,018年春のおすすめはスプルースグリーン





【ロープロファイルキャップ】

オットー
【WASHED PIGMENT DYED COTTON TWILL SIX PANEL LOW PROFILE CAPS】

毛羽立ち感があり、適度に色落ちしているVINTAGEの風合いがバッチリのピグメント ダイ(顔料染め)デザインをピックアップ。耐久性もバッチリです。ただの無地では少し物足りない、って方にお勧めです。被り心地も◎

Staff鈴木の2,018年春のおすすめはダークグリーン




ニューハッタン
【PIGMENT DYED BLANK BASEBALL LOW PROFILE CAP】

Staff鈴木の2,018年春のおすすめはブルー


こちらは海を彷彿とさせる爽やかなピグメントブルー。暖かくなってきたので海へドライブ、なんて時に被りたい逸品。

PIGMENT DYED BLANK BASEBALL LOW PROFILE CAP商品一覧はコチラ>>>




ベイサイド
【UNSTRUCTURED WASHED TWILL CAP】



「ハイクオリティーなプロダクトをリーズナブルなプライスで提供する」をコンセプトの元、 Tシャツ、キャップ等のベーシックアイテムを全てアメリカで生産するBAYSIDE。

バックのストラップ部分にはUSフラッグのピスが付いており、こっそりとMade in USAをアピール。ロープロファイルキャップの中でも気持ち深めのクラウンで頭にフィットする逸品です。

Staff鈴木の2,018年春のおすすめはオリーブ


UNSTRUCTURED WASHED TWILL CAP商品一覧はコチラ>>>



【ストラップバック】
ニューハッタン
【BLANK 6PANEL FLAT VISOR CAP】

ニューハッタンはロープロファイルキャップやバケットハットが当店ではカラーバリエーションが豊富なためよく売れますが昨年辺りから人気の形のフラットバイザーでフロントパネルに芯のないデザインモデル。

Staff鈴木の2,018年春のおすすめはパティ


BLANK 6PANEL FLAT VISOR CAP商品一覧はコチラ>>>


●オルタナティブ
【BALL CAPS】

Staff鈴木の2,018年春のおすすめはウッドランドカモ


広めなフラットバイザーと柔らかなシルエットが特徴的なオルタナティブの人気アイテム。 擦れた味のある厚手コットン素材、バックのストラップもまた渋い。迷彩柄も春のコーディネートで取り入れたいひとつ。

BALL CAPS商品一覧はコチラ>>>




【キャンプキャップ】
●ユーポン フレックスフィット
【CLASSIC JOCKEY CAP】

Staff鈴木の2,018年春のおすすめはタイガーカモ



ユーポン/フレックスフィットのタイガーカモはミリタリーウエアでよく使われる格子状にナイロン繊維が縫い込こまれた"リップストック"になっており、耐久性もバッチリ。ガシガシ使いまくって古びた感じもいい味が出ます!


CLASSIC JOCKEY CAP商品一覧はコチラ>>>


【ハット】
●ニューハッタン
【BLANK TENNIS HAT】

Staff鈴木の2,018年春のおすすめはウッドランドカモ


迷彩もの、続いてはニューハッタンのコットンテニスハット。
6パネルで構成されているので被り心地もよく、風で吹き飛ばされるような心配もご無用。デニムやコーデュロイ素材等も人気です。なんとも安心するウッドランドカモは鉄板です。



【ビーニー】
●ブローナー
【VALUE KNIT CUFF BEANIE】

Staff鈴木の2,018年春のおすすめはブラウンヘザー


流行りの折り返し部分をクルクル丸めて被るいわゆる「くるくるビーニー」にもってこいのブローナーのニットビーニー。ただいま欠品中のブラックも近日再入荷予定です。



●コロンビアニット

【SOLID COTTON KNIT】

Staff鈴木の2,018年春のおすすめはエバーグリーン

保温性はもちろんですが、コットン素材なので通気性も良く一年中使えるアイテム。ざっくりとしたシルエットで被る人を選ばず、男女問わず愛される逸品。





http://www.amazingstore.jp/